皆様、こんにちは!

 本日は「就職活動での印象について」です。

就職活動をしていると印象は重要ですよね。

そこで印象では何が大切なのでしょうか?

 

一般的に就職活動の研修(セミナー・勉強会等)では、よく「7-38-55ルール」の話が出ることがあります。

視覚情報(見た目・表情・しぐさ・視線)が55%

聴覚情報(声の質・速さ・大きさ・口調)が38%

言語情報(話の内容、言葉そのものの意味)が7%

といった「メラビアンの法則」と言われるものです。

ただ、これは誤解から広まったものです。一般的なコミュニケーションには当てはまらないことのようです。
(ここでは詳しく誤解については触れませんが、実際に一般的なコミュニケーションを想定しての実験ではなかったようです。)

 

考えてみてください。

友人や家族と話しをする時、確かに表情やしぐさ、声のトーンなども大事ですが、話す内容も同様に印象だったり、その人の人柄やその人のことを知るのに大きく影響していないでしょうか?

就職活動の面接でも同様です。

面接官は応募者のどこを見ているでしょうか?

見た目(服装や髪型等)、表情、しぐさ、声の大きさ、話す速さ、声のトーン、話す内容など全てです。

上記で書いた「視覚情報(見た目等)」と「聴覚情報(声のトーン等)」で最初の第一印象はほぼ決まるかと思います。

ただし、第一印象だけです。(もちろん第一印象も重要ですので大切にしてくださいね。)

その後の「視覚情報(見た目等)」や「聴覚情報(声のトーン等)」でも印象が変わりますし、また面接では「自己PR」や「志望動機」など様々なことが質問されます。

当然、それに対して、答える・話す内容でもその人の印象や人柄などが伝わっていきますし、面接官もその人のことを知るために重要視します。

ということで、今回、お伝えしたかったのは、面接などで与える印象やコミュニケーションでは見た目(服装や髪型等)、表情、しぐさ、声の大きさ、話す速さ、声のトーン、話す内容など全てを大切にしていって欲しいということで書かせて頂きました。

(もちろん、見た目や声、話す内容の全てが上手くできれば良いですが、全て上手くできなくてもどれかが苦手でも他の要素で補いながらでも良いと思います。例えば、話す内容が上手くできなくても、表情やしぐさ、声からその人の一生懸命さや熱意、人柄が伝わったりもしますし、感動することもありますから。)