みなさん、おはようございます!

就職活動(就活)と言えば、自己PRや志望動機、エントリーシート(ES)、面接対策など準備だけでもやることは多くあります。

実際に応募し、会社説明会、採用試験もとなると尚更。

そしてそれらは就職活動(就活)では大切なことでもあります。

しかし、それ以外にも大切なことがあります。

それは【考え方・意識の持ち方】です。

考え方・意識の持ち方のポイントもいくつかありますが、本日はその中の1つ『動機』について書かせて頂きます!

動機は就職活動をする上で重要な事柄になります。

「どうして働きたいのか?」

「この会社で何がしたいのか?」

「将来、どうなりたいのか?」(そのために今、これがやりたい!これが必要!など)

自分が就職したい、働きたい理由・動機を分かった上で就職活動(就活)を行うのと、分からない、または曖昧なまま行うのとでは大きな違いが出てきます。

その違いは就職活動への取り組み方に出てきます。

なぜなら、その就職したい動機・理由のために就職活動(就活)をする訳ですから。

どれだけ本気で就職活動の準備を行うのか、一生懸命に動くのかに差が出てきます。

結果にも影響が出てくる可能性が高くなります。

とは言っても就職活動(就活)をする動機は何でも構いません。

例えば、生活のため。働かないと不安だから。好きなことだから。夢だったから。お金を稼いで○○をしたいから。パートナー・家族を幸せにしたいから。
自己成長のため。お金を貯めるため。やりたいことを見つけるためなど。

大きい、小さい、前向きなことかどうかなどは気にしなくても構いません。

上記に書いた例えはどれも大切なことです。

上記の例えも多くの方の就職したい理由・動機も今よりも幸せになるため!だからです。

それだけに動機が明確になってくると、より就職活動に取り組む気持ちが変わってくるのではないでしょうか。

そして取り組み方が変われば、結果も変わってきます。

就職活動をする動機(就職したい理由)は就職活動を行うスタートラインです。

その動機(幸せになる想い)を大切にして就職活動を行っていって欲しいと思います。

 

リッツ・カールトン大阪