みなさん、こんにちは!

本日は「挨拶」についてです。

みなさんはいつも挨拶はどのようにしていますか?

そもそも挨拶とはどのようなものでしょうか。

挨拶とは相手の方に対して「心」を近づけていく。心を持って接する礼儀です。

それは日常で家族、友人、恋人、ご近所様などに対してもそうですし、仕事でお客様、上司、部下、同僚、先輩、後輩、業者、取引先などに対しても同様です。

そのため挨拶をするにしてもどのようにするかで相手の方への伝わり方が違ってきます。

できれば、気持ちの良い挨拶をしたいですし、して欲しいですよね。

例えば、人から「おはようございます。」と下を見たり、他の所を見ながら挨拶をされた場合、どう思いますか?

また目線は自分の方を向いていても、何か他のことをしながら「こんにちは」とか「ありがとうございました」と挨拶やお礼を言われたらどうでしょうか?

逆に何かをしていてもその手(行動)を止めて、自分の方を見て、身体も向けて、笑顔で明るく「おはようございます」と挨拶をしてくれたらどうでしょうか?

私は後者の方が嬉しく思います。

そして挨拶ひとつで、その人の印象も大きく変わります。良くも悪くも。

そこで挨拶をする時、大切なことがあります。

基本的なことは下記の点になります。

① 目線

② 身体の向き

③ 姿勢

④ 表情

⑤ 声の大きさ・トーン

⑥ 想い・気持ち

他にも大切なことはありますが、上記の点ができるだけでも良い挨拶になると思います。

そして挨拶は自分自身と相手の方の立場に関わらず、自分から率先して挨拶をすることが大切です。

それは⑥の「想い・気持ち」があれば、自分から自然と挨拶をしたくなるはずです。

慣れないうちはカタチからでも良いと思います。

そこに想い・気持ちがこもってくれば、自然とできるようになってくるでしょう。

毎日、誰とでも気持ちの良い挨拶を交わしていきたいですね!!

 

南禅寺2