普段、私たちは何気なく言葉を使っています。

もちろん状況や相手の方に合わせて丁寧な言葉を使うことはあります。

しかし、あらゆる状況を含めて日常、使っている言葉を一度、振り返ってみてください。

日常、使っている言葉は肯定的な言葉(表現)が多いでしょうか?

もしくは否定的は言葉(表現)が多いでしょうか?

例えば、否定的な言葉とは何かにチャレンジする時など「失敗しないように!」という言葉を相手に投げかけたり、自分自身に言い聞かせたりすることです。

肯定的な言葉とは、そのような時に「成功しよう!!」「絶対に上手くいく!!」などの言葉を投げかけたり、自分自身に言い聞かせたりすることです。

別の例えでは緊張している時に「緊張しないように」という言葉を使うと余計に緊張してしまうことがあります。

逆に「大丈夫!」「上手くいく!」という言葉などを使うと緊張が少しはやわらぐことがあります。

ちょっとした違いに思うかもしれませんが、それによって意識することが変わり、その時にイメージする目標(ゴール)も変わってしまいます。

そしてその意識が行動にも影響していきます。

これは自分自身に使う言葉でも人に対して使う言葉でもこの違いは出てきます。

それだけに言葉はできる限り肯定的に使うことが大切です。

日常の生活で家族・友人・恋人、自分自身などにもそうですし、仕事の場面で上司や部下、先輩後輩、取引先などに対しても、できる限り肯定的な言葉を使うように心がけてみてください。

 

リッツ・カールトン大阪